チケットコレクション>国鉄・JRの乗車券

国鉄・JRの乗車券
昭和44年 国鉄 地図式硬券 上野から10円区間
(子供用)
昭和46年 国鉄 硬券 水上→東京
まだ、自動販売機がないころの近距離切符。
2等の表記が時代を感じさせます。
上越線水上から東京電環(現在の山の手線内に相当?)。
昔は、切符といえばこのようなスタイルが基本でした。
   昭和48年 国鉄 硬券 市川⇔河口湖
   富士急行線の河口湖までの連絡切符
往復通用ということは、これ一枚で往復なのか?それとももう一枚あったのか?
 昭和51年 国鉄 機械印刷+手書き 東京→長岡→松本→市川
   発駅と値段のみ窓口の発行機で印刷して、経由と行先は手書きです。複雑で機械で発行できない切符の場合です。
この切符の場合は、東京都区内→上越線→長岡→直江津→長野→松本→東京都区内→市川の連続乗車券になっています。
 昭和52年 国鉄 硬券 三島→市川
 東海道線三島から総武線市川までの普通乗車券。
行先表示は運賃が同額の区間を表示しています。
 昭和53年 国鉄・営団地下鉄 硬券 市川→浦安
 国鉄総武線から営団地下鉄東西線への連絡乗車券。
まだ連絡乗車券が購入できる自動券売機は普及していなかったので、窓口での販売でした。
 昭和53年 国鉄 硬券 稲毛→西船橋
 窓口販売の硬券
自販機が普及していたはずですが、なぜか硬券です。
昭和54年 国鉄 市川→吉原
マルス発行券
窓口の機械で発行した乗車券。
ほとんどがカタカナです。
総武線市川→東海道線吉原
常備硬券
上のマルス券と同じ区間を同じ駅で同じ年に購入したものですが、こちらはなぜか硬券。
窓口さんの気分次第だったのでしょうか。
昭和54年 国鉄 常備軟券に手書き 原→甲府→市川
 窓口に常備してある券に行先と金額を手書きしたもの。
利用頻度の少ない区間で使用。

東海道線原(沼津市)から東京方面は東海道線経由が一般的ですが、この券は身延線・中央線経由。
 昭和55年 国鉄 常備軟券に手書き 沼津→御殿場→市川
  上の切符と同じく窓口に常備してある券に行先と金額を手書きしたもの。

沼津から東京方面は東海道線経由が一般的ですが、この券は御殿場線経由。
 1982年(昭和57年) 国鉄 新潟→市川
みどりの窓口で発券されたスタンダードな乗車券。
上越新幹線開通直後の切符です。
昭和56年 国鉄 車内補充券 品川車掌区  昭和60年 国鉄 車内補充券 千葉車掌区
列車内で車掌さんが発行してくれる補充券です。
東海道線方面が充実。
   列車内で車掌さんが発行してくれる補充券です。
房総方面が充実。
1985年(昭和60年) 国鉄 硬券 地図式
地図式の硬券です。これだけ複雑だと駅名を見ただけでは一体何処だかわからない人がほとんどでしょう。
 昭和60年 国鉄 硬券 常陸大子→八王子
   国鉄末期の硬券乗車券
このころは運賃値上げが頻繁なため、金額に運賃変更の印が押してあります。
水郡線常陸大子→中央線八王子
昭和60年 国鉄 窓口印刷 函館→八王子(青函航路経由)
国鉄末期の窓口で発行される乗車券。
現在のスタイルの原型です。
 昭和62年(1987年)国鉄 青森→八王子
   国鉄民営化直前の乗車券です。
 平成4年 JR東海 区間変更券  
   金山駅の自販機で160円切符を購入し、名古屋駅の新幹線乗り換え窓口で大阪までに行先を変更した際の乗車券になります。
 平成4年 JR西日本 常備券+手書き 川西池田→市川  
    JRになっても手書きは健在。
この数年後には機械が入って手書きはなくなりました。
福知山線川西池田→総武線市川
平成2年 JR四国 屋島駅 硬券 
高徳線屋島駅の常備硬券
平成になっても一部のローカル駅では硬券が健在でした.
(コレクターショップ品)
平成6年 JR四国 今治→大阪 
  現在のタイプとほとんど同じですが、用紙は変わってます。
予讃線今治→大阪市内
 平成15年 JR四国 高松→札幌
  JR四国からJR北海道までと、ここに展示した乗車券の中では最も高額な普通乗車券です。
瀬戸大橋と青函トンネルを通るゴールデンルートです。
経由地が多いため最後の千歳線は手書きになっています。
高松→日本海ルート→札幌
平成25年 JR四国 高松−観音寺 
   乗車券のほか自由席特急券なども発券できるタイプの自動券売機での普通乗車券
発券時間、英語表記など進化してきました。
平成28年 JR四国 屋島−引田・讃岐相生  
     屋島駅は時間限定の委託駅で、マルス発券。
引田駅も時間限定有人のため、自動販売機。

メニューへ
メニューへ