チケットコレクション>磁気カード 


国鉄・JRの磁気カード

オレンジカード

オレンジカードとは、国鉄・JR各社で利用できた磁気式プリペイドカードです。略称でオレカとも呼ばれてました。
日本国有鉄道(国鉄)時代の1985年3月に首都圏で販売が開始されたのち、全国に広まりましたが、2013年に発売を終了しました。
当時は、小銭を持たずに自動券売機で切符を買うことができる優れものでした(自動改札には投入できません)。
その後、自動改札に投入できるカードやICカードにバトンタッチしました。



トップページへ戻る