チケットコレクション>有料道路・駐車場のチケット

有料道路・駐車場のチケット
高速道路はETCが普及したので、チケット(領収書)の存在自体が希少になりましたが、観光道路(主に民有道路)で
はまだ健在です。また、観光地の駐車場チケットはいろいろなものがあります。
1987年 摩周湖第一展望駐車場 (北海道)
   神秘的な美しさの摩周湖。その第一展望台の駐車場。
このような景勝地の駐車場は、駐車場の運営のためというより、景勝地の保全のための料金徴収という意味のほうが大きいようです。
2001年 昭和新山駐車場 (北海道) 
 昭和新山の麓にある駐車場
2001年 地獄谷駐車場 (北海道) 
   登別温泉にある地獄谷の駐車場
まさに地獄のような世界です
2001年 登別クマ牧場駐車場(北海道) 
   登別温泉の有名観光地クマ牧場。ここへ行くためにはロープウェイに乗らなければなりませんが、その駐車場の駐車券です。
1985年 蔵王ハイライン(宮城県) 
   宮城県側から蔵王に登る有料道路で、宮城交通が管理している民営道路です。全長は2.75km
1977年 浅間・白根火山ルート(長野・群馬)
浅間・白根火山ルートは鬼押ハイウェー・万座ハイウェーの2路線からなり、株式会社プリンスホテル(当時は国土計画梶jが運営する全長約60kmの有料道路です。
軽井沢、鬼押し出しなど観光地を結ぶ民営の有料道路。
1994年 霧ヶ峰有料道路(長野)
長野県の白樺湖から車山高原、霧ケ峰高原、美ヶ原と山上の高原を通る観光有料道路。ビーナスラインと呼ばれていた。1960年代から80年代に順次開通した。現在は無料開放されているが、当時は全線で2260円でした。
全長は約40km。
ともかく景色は抜群で、快適なドライブウエィでした。
1985年 八ヶ岳公園有料道路(山梨)
山梨県小淵沢から清里方面に向かう道路。有料区間は5kmほどだったようです。
現在は無料化されています。
1980年 富士山有料道路(山梨)
河口湖から吉田口五合目まで登る、富士スバルラインと呼ばれている道路です。
観光シーズンには大変混雑し、現在は通行規制が行われることもあります。
1993年 河口湖大橋(山梨)
富士五湖の一つである河口湖を横断する河口湖大橋有料道路。全長は1600m、橋梁部は500mです。現在は無料化されています。
上の富士山有料道路と同じデザインですね。
1975年 三原山ドライブウェイ(東京)
伊豆大島の三原山へ登るドライブウェイ。民営の有料道路でしたが、1986年の三原山噴火の全島避難後に東京都に譲渡され、現在は無料の都道になっています。
1976年 首都高速道路(東京)
言わずと知れた首都高。300円ですか!
1985年 奥多摩有料道路」(東京)
奥多摩の山岳部を通る有料道路。現在は無料化されているようです。
1984年 京浜急行有料道路(神奈川)
もともとは1900年代前半に大船と江の島を結ぶ鉄道用地として買収したルートを有料道路として開通させたようである。現在の湘南モノレールのルートに相当し、市道として無料化されている。
1985年 天城トンネル(静岡
伊豆の踊子で有名な天城峠を通る天城トンネル(国道414号)の新トンネルです。
1970年に開通した800mのトンネルで、2000年まで有料道路でした。
2001年 浜名湖大橋(静岡)
浜名湖周辺の弁天、舘山寺温泉などを結ぶ有料道路。浜名湖の眺めが良い道路です。
現在は県道として無料開放されています。
1988年 伊吹山ドライブウェイ(岐阜・滋賀)
岐阜・滋賀県境にある伊吹山(1,377m)に登るドライブウェイ。全長17kmあり、9合目の1,266mまで車で行くことができる。終点付近では様々な植物を見ることができる。運営は民間会社となっている。
 2007年 法隆寺駐車場(奈良
   何の変哲もない法隆寺門前にある町営駐車場の駐車券です。
2008年 第二阪奈道路(大阪・奈良)
阪神高速道路に接続している、高規格自動車専用道路。生駒山をくぐって東大阪と奈良を結んでいます。全長約13km。6km近い阪奈トンネルがありますが、全区間車線変更禁止で、遅い車が居るとかなりイラッとします。
チケットは、よくあるタイプ。ETCが利用できるようになったのはかなり遅い道路でした。
 2004年 秋吉台家族旅行村(山口)
   吉台にある家族旅行村の車両入村券
駐車券的要素の大きいチケットです
 2004年 秋芳町営駐車場(山口)
   巨大な鍾乳洞である秋芳洞入口にある駐車場
 2005年 鳴門公園駐車場(徳島
   渦潮で有名な鳴門海峡を見下ろす鳴門公園の駐車券
2008年 屋島ドライブウェイ(香川)
屋島山上へ向かう唯一の自動車道。民営の有料道路となっています。全長は3,664mで1961年に開通。

チケットコレクションメニューへ戻る
チケットコレクションメニューへ戻る